残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~

男の人と女の人

残土を処分するには

残土処理は建設や土木の現場ではほぼ行われるものです。小規模であればコストも大きくありませんが大規模になってくると処分費用のコストは大きくなります。このような場合には現場で残土ふるい機を導入することによってトータルでのコストを下げることができます。

詳しく見る

男の人

効率的な土壌問題の解決法

残土ふるい機は、土壌整備を正常に機能させる上で、現場作業に無くてはならない存在です。残土ふるい作業自体は、残土に様々な物質が含まれていることから一筋縄では行きませんが、幾つかのタイプの残土ふるい機を組み合わせることで作業効率の向上を図っています。

詳しく見る

工事現場

残土を生かす方法

残土ふるい機は、建築物を建てる際に土を掘る根切り作業の後に大量に出た土をふるって再利用できる状態にする機械です。根切りは専門業者に依頼するのが一般的ですが、汚染土壌でなければ自社で残土ふるい機にかけて再利用することでコストダウンが図れます。

詳しく見る

分別が簡単

工事現場

レンタルや中古も利用しよう

建設建築現場や産廃処理などで大量に発生するガラや残土などを、人力で処分するのは大変な人手と時間がかかります。しかし残土ふるい機を使えば、簡単に正確に分別することができます。廃棄物処理の分別は基準が厳しくなっているので、丁寧に分別しないとペナルティが課せられてしまうのです。残土ふるい機ならガラと砂や土など、きれいにより分けてくれるのです。また農家など土の分別を行って再利用することにも、残土ふるい機は活用することができます。ただ残土ふるい機を新品で購入するとかなりの高くなることも確かです。継続的に使用するなら新品を購入しても元はとれますが、スポット的にしか使用しないような場合なら購入をためらうこともあるからです。そのような場合に便利な方法として、残土ふるい機のレンタルサービスを利用するのです。レンタルサービスなら必要なときの残土ふるい機を借りればいいので、コストもぐっと安くすることができます。またレンタルサービスなら機械のメンテナンスや管理は自社で行う必要がなく便利です。レンタル以外なら中古機械を購入する手段もあります。中古機械なら新品を購入するより安くなります。残土ふるい機のレンタルサービスには、中古機械の販売も同時に行っている会社があるので問い合わせてみてください。またベルトコンベヤーなど周辺機器も取り扱いしているので、用途や工事の種類などに合わせて機種を選定することです。残土ふるい機のレンタルサービスは料金も明確なので安心です。

Copyright© 2018 残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~ All Rights Reserved.