残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~

上手な機器の選び方

ウーマン

自走式と定置式がある

残土ふるい機を利用することによって、建築現場などで発生した残土を既定サイズ以上の土と既定サイズ以下の土に分別することができ、リサイクルしやすくすることができます。ひとえに残土ふるい機といっても使用する用途によって最適なものがあり、自走式かそうでないかによって使い勝手も変わってくるので、現場にあった残土ふるい機を選択するようにしてください。一般家庭やガーデニングで使用する残土ふるい機は小型のものを使いますが、建築現場や工事現場では残土が大量に発生するので、より大きな残土ふるい機を使うことになります。最近人気の機種は現場まで自分で移動できる自走式のものになります。その場所の工事が終わったら、そのまま次の現場に移動することができるので稼働率が高められることから人気になっています。大規模な工事現場ではプラントを組んで残土を処理するときには定置式の方が優れていることもあります。土を選別する方式には振動式と回転式の二種類があります。投入する残土の種類や信頼性に違いがありますので、自分のところの現場がどのような残土が発生するかを販売店に伝えておいて、最適なものを選んでもらうのがよいでしょう。そのためにも販売実績が多く、親身に相談に乗ってくれる販売店を見つけておくことが大切です。業者の規模によっては通年通して残土ふるい機を使わないこともあります。そんなときには所有するよりもレンタルした方がメリットが大きくなることもあるので考慮してみてください。

Copyright© 2018 残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~ All Rights Reserved.