残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~

残土を生かす方法

工事現場

コスト削減に期待

残土ふるい機は、残土処理や産業廃棄物処理を行う際に活躍します。単体使用ではなく、コンベアにつないで使ったり油圧ショベルにて残土を投入したりという使い方が一般的です。使用するタイミングは、アパートやビル、マンションなどの地下室や基礎を造るために土を掘る根切りを行うときです。このとき大量に出た残土は、残土ふるい機にかけて再利用するか残土処分されます。残土処分されるのは有害物質を含んだもので、それを埋立地や整地に再利用すると土壌汚染につながるので、各自治体の条例に則って処理されるようになっています。また、土をその現場で再利用する場合は、汚染土壌処理業者によって洗浄処理が行われ再検査後に戻ってくるという流れです。汚染された土壌である可能性があるので、根切りは専門業者に委託するのが一般的です。しかし、有害物質が含まれていない場合は、自社で残土ふるい機を使って土を再利用するとコストの削減につながります。この場合は、残土ふるい機の後に土質改良機を使えばさらに質の良い改良土が出来上がります。残土ふるい機はスクリーンと呼ばれる網を使って残土をふるいにかけますが、網の目の細かさが違うスクリーンを複数枚使用するのが一般的です。最終的にどのくらい細かな土にしたいのかによってスクリーンの目の細かさを選ぶといいでしょう。残土ふるい機は新品だけでなく中古でも購入できますし、レンタルやリースでも利用が可能となっています。

Copyright© 2018 残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~ All Rights Reserved.