残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~

効率的な土壌問題の解決法

男の人

現場作業を支える特殊機械

日常的に土壌整備を行うことは、あらゆる分野において環境面や健康面で有効に働きます。具体的には、農業分野において作物品質や収穫量の向上に繋げられたり、建築分野において地盤強化や環境保全に繋げられたりします。尚、土壌整備を正常に機能させる為には、現場作業で発生する残土の取り扱い方に工夫を凝らす必要があります。その際、最も効率的に残土を処理してくれるのが残土ふるい機です。これまでは、残土が発生した場合、何も処理されることなく、他の場所に埋め立て用として運ばれることがありましたが、産業廃棄物による環境汚染が大きな問題として取り上げられたことで、残土を適切に処理することが義務付けられるようになりました。基本的に、残土ふるい作業は一筋縄では行きません。残土には、土砂だけでなく、鉄、ガラス、コンクリート、ビニール等が入り混じっていたり、土そのものに有害物質が含まれていたりすることから、段階的に残土ふるい作業を行うようにしなければなりません。その為、残土ふるい機には様々なタイプが用意されています。基本的には、現場で直接組み立てるか、完成品を現場まで運ぶかのどちらかになりますが、費用面や設置場所の広さを十分に考慮した上で判断を下す必要があります。残土ふるい機の中でもっとも単純なのは、ふるい分けバケットです。これは、ショベルカーの先端部分のバケットを置き換えることで大まかなふるい分けを可能にしてくれます。その他には、流し込んだ残土を振動によってふるい分けしてくれるタイプやその場で土質を改良してくれるタイプ等があります。このように、現場では、幾つかのタイプを組み合わせることで残土をきめ細やかに分別します。

Copyright© 2018 残土ふるい機で仕分けする~簡単に正確に分別することができる~ All Rights Reserved.