>

悪化している時の治療方法

時間が掛かってしまう

虫歯になったら、早く治療した方が良いと言われています。
それが治療中の痛みを抑えるだけでなく、治療期間を短縮できるからです。
初期症状なら数回通院するだけで済み、わざわざスケジュールを考える必要はありません。
しかし悪化している状態だったら、1か月以上の時間が掛かります。

その場合はいつ歯医者に行き、その時にどのような治療を始めるのか具体的に決めてもらいましょう。
スケジュールを決めてもらうと、安心して通院できます。
また虫歯が複数ある場合も、治療に時間が掛かります。
この時に、焦って歯を何本も治療しようとする医師に任せないでください。
まとめて歯を治療すると口内に負担を与え、歯の神経が傷つき、病気を発症する可能性があります。

こちらの都合を伝えよう

情報を的確に伝えることで、医師がスケジュールを組み立てやすくなります。
普段はどのような仕事をしており、1日何時から何時まで働いているのか伝えましょう。
その歯医者が夜遅くまで診察を受け付けている歯医者だったら、仕事が終わってから治療するスケジュールを考えてもらえます。

また、休日に診察を受け付けている歯医者でも良いでしょう。
それなら平日の昼間が忙しい人でも、無事に歯の治療を済ませることができます。
できれば、1週間に1回通院するようなペースがおすすめです。
さらに通院しやすくなるよう、自宅や職場から近い歯医者を見つけてください。
かなり遠く離れている歯医者だと毎回通院するのが大変で、負担になってしまいます。


この記事をシェアする