>

歯並びが気になる人

様々な悪影響がある

ずっと歯並びが悪いままでは、まず見た目が悪いというデメリットを受けてしまいます。
歯並びを見られることに抵抗を感じ、人前で笑えなくなるかもしれません。
また噛み合わせが悪くなり、食べ物をうまく噛めず内臓の働きに負担を与えるリスクが高まります。
さらに頭痛や肩凝りなど、肉体に悪影響を与えることが多いと忘れないでください。

歯並びが悪いことで得られるメリットはないので、歯医者で矯正することをおすすめします。
その場合は、歯列矯正を受け付けている歯医者に行きましょう。
歯列矯正を始めると、定期的に口内の様子を見てもらうために歯医者に行かなければいけません。
事前に医師にスケジュールを考えてもらい、その通りに通院しましょう。

子供の歯を矯正しよう

小学生ぐらいの子供でも、歯並びを矯正できます。
子供が気にしている様子だったら、矯正という方法があることを伝え、歯医者に連れて行くことをおすすめします。
子供でも勉強や部活の関係で、歯医者に行ける日が限られてしまいます。
そこで生活スタイルに合わせて、都合の良いスケジュールを作ってもらいましょう。

また夏休みの間に、矯正を済ませるスケジュールにするのもおすすめです。
夏休みの時に矯正器具を付けて生活を送っていれば、休みが終わる頃には矯正が終わり、矯正器具を付けている様子をクラスメイトに見られる心配はありません。
ですが矯正が終わるまでの時間は、歯並びの状態によって変化するので、詳しいことは医師に聞きましょう。


この記事をシェアする